プロが選ぶおすすめの爬虫類用温度計!命を守るために

動きが可愛く、見れば見るほど愛着が湧いてくる爬虫類。

ペットとしての人気が高まっていて、自宅で飼育している人も多くなってきました。

しかし、高温多湿な日本では生活しにくい爬虫類もいます。爬虫類にとって快適な飼育環境にするためには、温度計が重要になります。

そこで今回は、温度計の重要性やおすすめの温度計を紹介します。

管理人
この記事は測定機業界で10年以上温度計を提案してきた管理人が執筆しています。
Sponsored Link

爬虫類を飼育するには温度計が重要

爬虫類の仲間は2億年以上前から、地球上に存在しています。現在では、山岳地帯や砂漠・熱帯雨林など、さまざまな環境で生活をしています。

そのため、飼育する爬虫類により、温度や湿度・岩や植物などを再現すると爬虫類にとって暮らしやすい環境になります。

その中でも特に重要なのが温度です。爬虫類は変温動物なので自分で体温調節ができません。そのため、ゲージに温度を調整する保温器具を設置して、最適な飼育温度に設定することが大切です。

保温器具を設置して、実際に最適な温度になっているかを確認するために、温度計も設置しましょう。

爬虫類用温度計を設置する際の注意点

テラリウム内に温度計を設置する際の一番の注意点は水分です。

爬虫類用温度計として販売されているものの多くが、防水にはなっていません。そもそも、温湿度計は防水構造にするのが難しいです。

そのため、防水機能が付いていない温度計を設置する場合は、消耗品と考えて壊れたら買い換えるものと思っておきましょう。

テラリウム内を湿らせるために霧吹きを使うことがありますが、なるべく温度計には当たらないように使いましょう。

爬虫類温度計の選び方

ここでは爬虫類温度計の上手な選び方について解説します。

アナログかデジタルかで選ぶ

デジタルには数字を読み取りやすいというメリットがあります。しかし、アナログに比べると故障する可能性が高いです。

テラリウム内は、湿気やホコリ・糞などで温度計にとっては厳しい環境です。そのような環境でデジタル温度計を使用していると、基盤に腐食が発生して使えなくなる可能性があります。

消耗品と考えて購入するなら問題ありませんが、何年も使いたいと考えるのであれば向いていません。購入するのであれば、防水型や防滴型にしましょう。

測定精度で選ぶ

測定精度はどれだけ正確に測れるかという数値です。

デジタル温度計は、機種によっても違いますが精度は±1℃です。

アナログ温度計も機種によって異なりますが、±2~5℃くらいです。

デジタル温度計の方が精度が良いことが多いので、正確に測定したいという方はデジタルをおすすめします。

おすすめの爬虫類用温度計

ビバリア ツインメーターNEO

メーカー ビバリ 電池 ‎不要
温度表示 アナログ 測定範囲

温度:-20~50℃

湿度:0~100%

防水 重量 30g

爬虫類温度計としては定番のツインメーターNEOです。

ケースの裏側に吸盤が付いているため、テラリウムの壁にペタッと張り付けて使用できます。また、スタンドも付いているので、底面に置くこともできます。

目盛りが色分けされているため、最適な温度になっているか判断がしやすいことが特徴です。

SwitchBot 温湿度計プラス

メーカー SwitchBot 電池 単4電池×2
温度表示 デジタル 測定範囲

防水 重量 64g

スマートフォンと連携して温湿度の確認ができます。

一番の特徴は、事前に設定した温湿度を外れたらアラームを鳴らせます。また、温湿度の推移をスマートフォンでグラフ表示できます。グラフで見れば、異常な温度になっていないかを確認できます。

温度の精度が±0.4℃、湿度が±4%rhと非常に高精度です。

JLENOVEG デジタル爬虫類温度計

メーカー JLENOVEG 電池 ボタン電池LR44×1
温度表示 デジタル 測定範囲

温度:-10℃〜+ 50℃

湿度:20%RH〜90%RH

防水 重量

スタイリッシュなデザインでテラリウムの雰囲気を壊さない温度計です。

シンプルな設計・大きな液晶表示で温度の確認が簡単です。また、全面上部に両面テープが付いているので、テラリウムの壁に貼り付けるだけで設置できます。

POPETPOP ミニ湿度計

メーカー POPETPOP 電池
温度表示 デジタル 測定範囲

防水 スクリーン部のみ防水 重量 40g

前面スクリーンのみ防水になっている温度計です。

温度計の裏面に水がかかると故障する可能性がありますが、前面にかかる分には問題ありません。霧吹き程度でしたら、気にせずに散水できるでしょう。

また、吸盤が付いているため、取付も簡単です。

まとめ:おすすめの爬虫類用温度計

爬虫類は自分で体温調整ができないため、室温など周囲の環境に影響されます。

温度管理をしていないと、最悪の場合死んでしまうこともあります。

かわいいペットが快適に過ごせるように、温度計を導入してください。

手間をかけて世話をするほど、ペットに愛着が湧いてくるはずです。

Sponsored Link