中心温度計の校正は絶対に必要?やらないとどうなる?

毎日のように使用する中心温度計ですが、何年も校正(点検)をしていないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、中心温度計の校正は必要なのか・校正するのであればどのような方法があるのかを解説します。

中心温度計の正しい扱いを知り、衛生管理の質を高めていきましょう。

Sponsored Link

中心温度計における校正とは

校正ってあまり聞きなれない言葉ですよね。
中心温度計に限らず測定器の校正は「使用している測定器の数値が正しいかどうか」を確認する作業です。
測定器は長い期間使用していると、経年変化で数値がずれてくることがあります。
そこで期間を定めて測定器の校正を行わなくてはなりません。
もし定期的に校正を行わないと、数値がずれているのに気が付かずに使い続けてしまいます。
製造した食品に不具合が出てしまうと、全ロット回収なんて話にもなりかねません。
測定器は必ず数値がずれてくることを頭に入れて、定期的に校正をしましょう。
HACCPでも定期的な測定器の校正が求められています。

中心温度計はどうやって校正を行うの?

中心温度計の校正は

①メーカー校正を行う

②自社で校正を行う

の2通りあります。

メーカーで校正を行う

メーカーで校正を行う場合は、普段使用している中心温度計をメーカーに預けて、メーカーで点検をします。

この場合、トレーサビリティ校正を行うことが一般的です。

ISO9001の認証工場ではトレーサビリティ校正が必須となっています。

メーカーでの校正はオイルバスと呼ばれる、水などを一定の温度に保つ機械を使います。

オイルバスに基準となる度計を差し込んで、温度計がどれくらいずれているかを確認します。

こちらは日本計量器工業㈱の校正証明書のサンプルです。

メーカーに校正に出すと校正証明書・校正成績書・トレーサビリティ体系図の3点セットが付いてきます。

通常、校正は輸送の期間も含めて納期が1ヶ月近くかかります。

その間、別の温度計を用意して普段の温度測定をしなくてはなりません。

校正に出している間に使用する別の温度計も、数値が正しいかどうかの確認も必要となります。

複数台の中心温度計を校正に出す場合、結構な手間とコストがかかります。

校正はメーカー毎にかかる費用は変わってきますが2万円~3万円ほどです。

また、校正する温度もメーカーによって異なります。

希望の温度ポイントがある場合は、見積もりをとる際に必ず伝えるようにしてください。

自社で校正を行う

自社で校正をする場合ですが、こちらは0℃と100℃で温度がずれていないかを確認します。

0℃での校正は、氷を砕いて水と混ぜてシャーベットを作りましょう。

しばらく置いておくと0℃になります。

そこに使用している中心温度計を差し込んで、中心温度計の温度が0℃になるか確認をします。

精度が±1℃の場合は温度計が+1℃またはー1℃を表示したとしても精度内となります。

また、ポイントとしてメーカーのようにプロの技術員が整った校正環境で校正をするのとは異なります。

そのため、必ず精度どおりの数値になるとは限りません。

少し温度に余裕をもって校正するといいでしょう。

温度計の数値がずれる可能性は経年変化だけではありません。

例えば周囲の気温・センサの挿入方法・センサーを挿入している時間などによっても表示する温度がずれます。

そのため、例えばその中心温度計の精度が±1℃だった場合に、校正の基準を±1℃にするのではなく、少し余裕をもって±1.5℃や2℃に設定しておくと校正作業が楽になります。

校正を行って社内で決めた精度から外れてしまった場合は、温度計を新品に交換するかメーカーに修理に出すようにします。

校正はどのくらいの期間で行えばいいの?

校正はどのくらいの周期で行えばいいのでしょう。
これは本当に多い質問です。
しかし、この質問に明確に〇か月に1回や〇年に1回と答えられません。
使用する頻度や環境によって経年変化の具合は変わってくるからです。
かなり過酷な現場では1ヶ月ごとに校正を行ったほうがいいですし、ほとんど使用しないなら1年に1回、2年に1回でも十分です。
本来、校正の周期はユーザーとなるあなたが決めるものです。
製品によって経年変化が多い製品少ない製品がありますので、メーカーに確認をしながら決定するといいでしょう。
普段使用する温度計なら1年に1回を目安として、そこから自社の環境に合わせて増減させていくのがいいのではないでしょうか。

できれば基準器を持とう

校正をする際の基準となる値とする、基準器と呼ばれるものがあります。

普段現場で使用している温度計よりも精度が良く、校正のときにだけ使う温度計です。

これを1台もっていると0℃と100℃の校正を自社で行うときにも、その基準器と比べて何℃ずれているか分かるので校正の作業がとてもはかどります。

何℃ずれているかが分かったら、普段使用するときにそのずれを補正して測定をすれば真の温度を測定することができます。

食品の現場では昔から下記の標準温度計と呼ばれるものが使われてきました。

標準温度計は50℃毎に区切られて製造されています。

この標準温度計は0~50℃です。

100℃付近でも校正をする場合は、50~100℃を別に用意しなくてはなりません。

少し面倒ですが標準温度計のメリットは経年変化がとてもすくないことです。

精度が±0.2℃ととても高いのに5年・10年と使い続けられるものです。

そのため以前から標準温度計は基準器として使われてきました。

デメリットもあります。

ひとつは先ほどの50℃刻みでしか製造していないことですが、もうひとつは素材にガラスと水銀が使用されていることです。

ガラスは破損させてしまった際に飛び散り異物混入につながります。

また水銀が体内に入ってしまうと悪影響があるので、大手の食品工場などでは絶対に持ち込むことができません。

そのため、近年ではデジタルの精度が良い温度計が人気となっています。

こちらはサーモポートのピーティーサーモ プレミアムです。

測定精度が±0.15℃(0~200℃の測定)と標準温度計よりも高精度です。

これだけの精度があれば、基準器として使うのにまったく問題はありません。

また水銀も使用しておらず防水機能も付いているので、現場に持っていってもまったく問題ありません。

まとめ

中心温度計は経年変化により、温度がずれることがあります。

温度がずれていないか確かめるために、定期的な構成が必要です。

しかし、校正の周期は使う環境によって異なるので、自分で決定しなくてはなりません。

なるべく頻度を多くするために、自社で基準器となる高精度な温度計を持つと良いでしょう。

せっかく温度を測定するのですから、正しい温度を測れるように体制を整えましょう。

Sponsored Link