【プロが教える】おすすめの使いやすいクッキング温度計4選

Sponsored Link

はじめに

料理をする時に「火加減を間違えて表面鹿焼けていなかった」「揚げ物をする時の温度が高すぎて衣が焦げてしまった」なんていうことはプロでもよくあります。

誰でも均一に調理ができるようにチェーン店では、クッキング用温度計が使われています。最近では家庭で使う人も増えてきました。

クッキング温度計が欲しいけど、温度計のメーカーなんて知らないし選び方も分からないという人は多いですよね。

数あるクッキング温度計でどれがおすすめなのか。

性能・使いやすさの面からおすすめのクッキング温度計をご紹介いたします!

この記事は、測定機業界で10年以上温度計を提案してきた管理人が書いています。

クッキング温度計とは?

揚げ物をする時の油の温度、赤ちゃんのミルクの温度、お菓子を作る時の生地の温度、などなど料理をしている時に、「いまの温度が分かったらな」と思ったことはありませんか。

クッキング温度計を使えば、「しっかり焼いたはずなのに生焼けだった・・」「ミルクが熱すぎて赤ちゃんが火傷してしまった」などということは無くなります。

プロでもクッキング温度計を使用して温度管理をしています。家庭用に安いものもありますので、毎日の料理を楽しくしましょう!

クッキング温度計の選び方

クッキング温度計には大きく分けて「スティックタイプ」と「赤外線タイプ」があります。

スティックタイプの温度計

こちらがスティックタイプの温度計。

油に挿入したり、お肉に刺したりして温度を測定します。温度を測定する部分は、先端の細い金属部分の先端にあります。

そのため、食べ物の中心の温度を測定可能。

真ん中の温度が分かるので、「せっかく焼いたのに中心まで火が通っていなかった」ということが無くなります。

スティックタイプの温度計を選ぶときは以下の2つに注意しましょう

①測定範囲

油の温度を測るのであれば200℃までは測定できるものがいい

②測定精度

測定精度はどれくらい温度がずれるかという数値です。±2℃くらいを目安にしましょう

赤外線タイプの温度計

離れたところから測定ボタンを押すだけで測れるのが、赤外線タイプの温度計です。

食材が発している赤外線を感知して温度を測定。

スティックタイプの温度計が測定に数十秒~数分かかるのに対して、赤外線タイプは1秒ほどで測定できます。

ただし、食材の表面の温度しか測定できません。

スティックタイプのように、お肉の中心温度を測定したり、赤ちゃん用のミルクの真ん中あたりの温度を測定することはできませんので注意が必要です。

油などの液体の温度を測定する場合、表面と奥の方では温度差が出ることもあります。

赤外線タイプの温度計を選ぶときも下記の2つに注意しましょう。

①測定範囲

油の温度を測るのであれば200℃までは測定できるものがいい

②測定精度

スティック温度計よりも少し精度が落ちます。±3℃以内を目安にしましょう

おすすめの赤外線タイプ温度計

ベルメゾン 揚げ油用赤外線温度計

家具インテリアのベルメゾンが販売する赤外線タイプの温度計です。揚げ油用となっていますが、その他の食材も測定することができます。

本体に油の温度目安が記載されているので、初心者の方が揚げ物をする際にとても便利です。

測定範囲が250℃までありますので、料理での使用にはまったく問題ありません。

・冷蔵庫の扉などに張り付けられる磁石付き
・暗いところでも温度が確認できるLEDライト付き
・ボタンを押すだけの簡単測定
 

A&D AD-5612A 

「はかり」で世界的に有名なA&Dのクッキング温度計です。

特長はなんといっても、スティックタイプとしても赤外線タイプとしても使えることです。

この温度計があれば、お肉などに刺して真ん中の温度を測定することもできますし、ピッと一瞬で油の表面温度などを測定することができます。

赤外線タイプの温度計と比べても、それほど金額が変わらないため両方の用途で使いたいという場合にとてもおすすめです。

・スティックタイプとしても赤外線タイプとしても使える万能型
・電池の消耗を防ぐオートパワーオフ機能
・高機能なのに安価な価格設定
 

おすすめのスティックタイプ温度計

タニタ TANITA   クッキング温度計

体脂肪計など健康機器を製造販売しているタニタのクッキング温度計です。

シンプルな機能で初心者にも使いやすい設計になっています。

丸洗いできる防水タイプですので、衛生的に安心。水場でも問題なく使うことができます。

センサーホルダーが付属しているので、保管をする時に針を覆うことができるので子供が触ったとしても安全ですね。

・水にぬれても安心の防水構造
・安心のTANITA製
・子供が触っても安全なセンサーホルダー付き

ThermoPro    TP02S

ThermoProが販売する高機能なクッキング温度計です。

測定時間が短いことが特徴。

測定する温度により差はありますが、4~6秒で測定が完了します。

他の家事もあって忙しい毎日にとても便利な温度計ですね。

本体部分はサビに強く耐久性があるステンレス製。高機能で高級感がある材質を使用した温度計はまさにプロ仕様と言えます。

・4~6秒の高速測定で料理の時短ができる
・壁に掛けられるフック付き
・-50~300℃までの広範囲測定レンジ

 

まとめ

毎日仕事から疲れて帰ってくる旦那さんに、できればおいしい料理を出してあげたいですよね。

でも、火加減のコツがなかなか分からないという人はクッキング温度計を試してみましょう。

今まで経験で行っていたことが、「数値」として表されますので毎回同じ火加減で調理をする事ができます。

安価なクッキング温度計も多いので、この機会に導入して毎日の食事をより豊かなものにしましょう。

Sponsored Link